ハクビシン

作らせない近寄らせない

ハクビシンは甘いものを好みますので、庭にはエサとなるようなものは置かないようにしましょう。ハクビシン駆除には忌避剤が効果的です。通り道となる場所に嫌がる臭いを置くことで次第に近づかなくなります。忌避剤はニンニクでも代用が出来ます。

蜂

危険性と駆除内容

スズメバチは夏の時期に最もその数が増えて被害も大きくなります。ただでさえ攻撃性が強いのですが、特に獰猛になります。スズメバチ駆除をするときは夕方以降に行いましょう。巣から離れたところで1分程噴射して巣を撤去すれば良いだけです。

シロアリ被害

害虫から建物と財産を守る

シロアリ退治は初期対応が遅れた場合、建て替えるほどの被害を受けるため、事前に依頼先をピックアップすると便利です。クロアリと勘違いするケースもありますので、種類に関係なく調査を依頼しましょう。駆除作業は危険を伴うため、業者に任せるべきです。

ブラッシングで除去できる

蚤

二酸化炭素を感知する

皆さんの家では犬を飼われていますか。犬は人に対してとても忠実で頭が良いペットです。特に小型犬が人気があるようで、ミニチュアダックスフンドやトイプードルがペットショップでは販売数が伸びています。犬は散歩が必要な動物で、犬の散歩をされている飼い主の方をよく目にしますが、この散歩では注意すべき点がいくつかあります。道に落ちている物の拾い食いは、体に良くない物まで食べてしまう事がある為、注意を払っている飼い主さんは多いのですが、散歩中にノミやダニが犬に寄生する事があるという事を知らない飼い主さんは多いです。ノミやダニは、野外でも草むらや犬や猫の通り道などに生息している事が多くあり、ペットが吐き出す二酸化炭素に反応して飛びついてきて寄生する事があります。

ブラッシングついでに

ノミやダニが犬に寄生すると栄養源として血を吸います。血を吸いながら毎日、寿命を迎えるまで卵を産み続ける習性がある寄生虫です。活発に繁殖する時期として梅雨前後からが注意が必要で、どんどん増え続けては犬の血を吸い続けます。この様な状態になっては、飼い犬がかゆみなどの皮膚炎を発症する可能性が高くなり、健康状態に悪い影響を与えかねません。ノミ被害を予防するには、日ごろからノミやダニ駆除をする事を心がける事が大事になってきます。ノミ駆除の有効な方法として、散歩から帰ったらノミ・ダニ駆除用のクシでブラッシングしてあげる事が簡単かつ有効な方法となります。ノミ・ダニ駆除用のクシはペット用品売り場で販売されており、通常のブラッシング用のクシより間隔が狭くなっていますので、ノミやダニをかき出す事できて駆除する事ができます。毎日の散歩後の習慣として、行うことでノミやダニを予防する効果が期待できます。

専門業者の力を借りる

日頃のブラッシングで被害を防ぐと同時に、生息しているノミ・ダニ駆除をすることも大切です。自分で確実に全てのノミ・ダニを駆除するということはなかなかできません。そのため、専門業者に依頼することで、確実な作業をしてもらうことができます。最近ではインターネットでも業者の情報が閲覧できますので、業者選びの参考にしてみましょう。迅速に対応してくれる業者や、実績のある業者など様々ですので、安心して依頼することができます。自宅の調査を無料で引き受ける業者もありますので、気軽に相談することが可能です。