害虫から建物と財産を守る

シロアリ被害

いつでも依頼できる準備を

生活の中でさまざまな害虫に遭遇しますが、金銭面で大きな被害をもたらすのがシロアリです。乾燥に弱いヤマトシロアリ、水を運ぶイエシロアリが被害の主な原因となり、数万匹から数十万匹といった大群が木材を食い荒らします。基礎部分が破壊されてしまい、建て替えとなってしまったケースも存在しているのです。つまり、シロアリ退治は初期対応が明暗を分けますので、1匹でも発見したときはすぐに調査を依頼しましょう。調査から退治まですばやく完了させるために、シロアリ駆除専門業者に依頼すると実現します。そのため、いつでも退治できるように、依頼先をあらかじめピックアップすると便利です。電話帳だけではなく、公式サイトや比較サイトの活用で探しやすくなります。

種類に関係なく調査を

すばやい対応が肝心のシロアリ退治ですが、小さなクロアリと勘違いしてしまい、対応が遅れるケースも少なくありません。ヤマトシロアリの羽根アリはやや黒色をしているため、見慣れていない場合は通常のクロアリと混同しがちです。しかし、クロアリでも噛みついたり食品に入ったりしますので、種類に関係なく調査を依頼するべきでしょう。結果としてシロアリの発見、すばやい退治につながるかもしれません。イエシロアリは比較的見分けやすいですが、巣の中の個体数が100万匹に達する種類です。水を運ぶ能力で乾燥にも強く、100メートル近くもの距離を移動することから、素人の退治は困難でしょう。いずれにしても床下や壁の中という危険な部分の作業となりますので、無理せずにプロの業者に依頼するべきです。